枕水

山口県長門市湯本2294-1

周辺観光

元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)

島根県津和野町太鼓谷稲成神社から分霊された神社。
商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神。

詳しくはこちら

大寧寺(たいねいじ)

湯本温泉のシンボルとして知られ、戦国の武将大内義隆公自刃の地として有名。
建築的価値の高い一枚岩の盤石橋も有名。1410年創建後、1829年に再建された。

詳しくはこちら

深川

車で2~3分
1657年に三之瀬焼物所を開業したのが萩焼深川窯の始まり。
萩と違い観光窯ではないので見学は出来るが、お土産等の購入に高価。

萩焼体験教室・盤石窯

車で1~2分
枕水より車ですぐのところにに萩焼の窯元「盤石窯」があります。
開窯された萩焼作家 金本先生は枕水の社長 水津の幼馴染み。
そんな縁で気軽に陶芸体験させて頂いています。
貴方だけのオリジナル萩焼に挑戦しよう!

青海島(おおみじま)

車で約15分/路線バス-約25分
青海島は北長門国定公園の中心にあり、日本海が生み出した断層、洞穴、石柱はまさに海上アルプスの名にふさわしく一見の価値あり。

詳しくはこちら

みすゞ記念館

車で約15分
明治36年山口県長門市仙崎に生れる。26歳の若さで世を去るまで多くの優れた作品を発表。
「若き童謡詩人の巨星」といわれた。没後作品は散逸し幻の童謡詩人と語り継がれた。
童謡詩人・矢崎節夫の長年の努力により童謡512編を収めた遺稿集が見つかり、『金子みすゞ全集』として出版された。
そのやさしさに貫かれた詩句の数々は、今確実に人々の心に広がり始めている。
生誕100年にあたる2003年4月、少女時代をすごした金子文英堂跡地に「金子みすゞ記念館」が完成。全国からファンが訪れている。

詳しくはこちら

近松門左衛門

「東洋のシェークスピア」と呼ばれ、江戸時代中期に活躍した浄瑠璃作家。山口県長門市深川の生まれであるという説が有力視されている。
長門市では「近松伝承のまち長門」を広く知ってもらうため、いろいろなイベントを企画実施している。

村田清風旧宅

車で約15分
幕末から維新にかけて藩政改革に手腕をふるった清風の遺品などがある。

千畳敷

果てしなく広がる海と空のコバルトブルーの大パノラマが展望できる。

詳しくはこちら

香月美術館

車で約20分
三隅町生れの近代洋画家香月康男画伯の作品を集めた美術館。

楊貴妃の墓

車で約40分
中国の唐の時代、玄宗皇帝の寵愛を受けたのち悲運の最後を遂げたとされる楊貴妃だが、
実は難を逃れ大津郡湯谷町向津具に辿りついたという伝説がある。
向津具久津二尊院境内の片隅に立つ五輪塔が楊貴妃の墓だとされており、お参りすると美しい子を授かるという伝説がある。

楊貴妃の里

車で約40分
平成5年完成。中国の彫刻家によって造られた楊貴妃像に、あたかも見守られているかのような公園。

土井ケ浜遺跡

車で約40分
約300体の弥生時代の人骨や、副葬品などが出土した有数の遺跡。
ほとんどの人骨の顔が西を向いているのが特徴で、日本人の起源や現在人の成り立ちを解明する上で貴重な資料とされている。

城下町 萩

江戸時代には長州36万石の城下町として栄えた。
幕末から維新にかけて歴史の流れを大きく変える原動力となった数多くの志士を生んだ町である。

秋吉台

日本最大のカルスト台地で国定公園、及び特別天然記念物。
石灰岩の岩肌が露出するラピエ、月のクレーターのような凹地のドリーネやウバーレ、ポリエなどの景観は必見の価値あり。

詳しくはこちら

秋芳洞

車で約40分
秋吉台の地下100mに開口する大鍾乳洞「秋芳洞」は大正15年昭和天皇が皇太子の御時、本洞を御探勝になり、この名前を賜ったものです。

詳しくはこちら

別府弁天池

車で約20分
コバルトブルーに染まった神秘と伝説の湧水地。
地下4mの地底からこんこんと湧き出るカルスト地域特有の清冽な水。日本名水百選に選定されています。

詳しくはこちら

秋吉台サファリランド

車で約40分
秋吉台の大自然の中の野生の王国。お子様連れのお客様が一日中楽しめる遊園地もある。
※フロントにお得な前売り券があります。

海水浴場

さわやか海岸・・・長門市仙崎(車で約10分)
只の浜海水浴場・・・長門市只の浜(車で約10分)
船越海水浴場・・・長門市青海島(車で約25分)
二位ノ浜海水浴場・・・日置町(車で約25分)
いがみ海水公園YYビーチ350・・・湯谷町(車で約25分)
大浜海水浴場・・・湯谷町(車で約30分)

角島大橋

車で約40分
一般橋では日本一。海との景観が見事。

詳しくはこちら

湯本テーマ曲

夕暮れ

待ち合わせに少し遅れてシーズンオフの駐車場
人影のない夕暮れ 君の車と並べて止める
ひと足先に着いた君は キャンバス代わりの砂浜
あの頃の思い出なぞるように 夢中で夢を描いてた
引き返すことができるなら あのときの曲がり角から
もう一度手を取り合って やり直したい

君のことが好きさ 言葉にすればそれだけのこと
うまく伝えられずに 遠回りをしたけれど

砂の上に肩を並べた 昔流行ったキャラクター
潮風に吹かれる夕暮れ 君の背中見つめて止まる
ショートカットの後ろ姿は 少女の面影残して
あの頃と同じ笑顔のままで 僕が来るのを待ってた
もつれた糸をほどこうと すればするほどもつれて
やっとほどけたときには 別々の道

君のことが好きさ 言葉に出して素直に言える
二度と離したくない 君は僕の宝物

君のことが好きさ できることならこのままずっと
ときを止めていたい 君は僕の宝物
君と二人の夕暮れ

湯本あかりみち

浴衣姿の君がとても眩しくて
川辺の明かり道を 少し遅れて歩いた

昔旅人に恋をした乙女がこの川に
思いを綴った手紙を流したという
そんな伝説が残る町 小さな温泉宿
君が選んだ旅の終わり ぬくもりの町
すれ違う石鹸のにおい 濡れた髪のままの少女
この町で暮らす人に 僕らはどう映る?

浴衣姿の君がとても眩しくて
川辺の明かり道を 少し遅れて歩いた

昔旅人に恋をした乙女のまねをして
二人で流した手紙が 遠くなってく
夏の終わりのせせらぎに揺れる赤い鼻緒
ほたるの季節に来たいねと 君は微笑む
焼き鳥屋の暖簾の向こう にぎやかな笑い声がして
この町で暮らす人を うらやましく思う
浴衣姿の君がとてもまぶしくて
このままぬくもりの中に浸っていたい

おやすみを言う前の 旅の夜の明かり
思い出たどってゆけば そこは湯本の町

あの日起きた事が
今でも嘘みたい
放した手は一人じゃいられない
何かを求めてる

無理をして笑った
でもあなたには見破られた
数え切れない思い出が
胸を締め付けては痛む
「さよなら」だけなら伝わらない

ぶつかった心と
心が絡み合って
今 まだ動けない
触れ合って分かりたい
それさえ かなわないのなら
もう戻れない

長いトンネルには
何か意味があるの
疲れ果てたこの身に降り注ぐ
やさしい陽の光

遠ざかるあの日と
やり過ごした毎日とが
何となくおかしくて
上を見て微笑んだ
本当はニセモノだったかも

いら立った事から
欲しがった事までもが
ほら目を覚ました
連れ去って行くなら
どこだっていい訳じゃないよ
ねぇ早くして

ぶつかった心と
心が絡み合って
今 まだ動けない
触れ合って分かりたい
それさえかなわないのなら
もう戻れない

ベルリンの壁の上で

唄-重村 綾二

知っているかい?ベルリンの町、重く冷たい壁があった事
信じあえた人の心を隔てる境界線と言う突き当り

気づいてるかい?何故にこの国足引きずりあって誹謗中傷
剥がれ落ちた掲示板に偏見と差別繰り返す九官鳥

西と東、北と南、あの町とこの町右と左、上と下、俺は何処に居る?
同じ土の上に立ち同じ風吹いてるのに違う空見ているのかい?

※肩を組もう頬を寄せよう胸ん中曝け出し
見えなかった空を見ようよじ登った壁の上で

知っているかい?ベルリンの町、壁打ち砕いたのは人と人
コンクリート、瓦礫の上でハンマー片手に踏み出したその一歩

覚えてるかい?夢の続きを越えなくちゃならない自分の言い訳
閉じたハート、殻を破って触れてみたいお前の鼓動に

男と女、大人と子供、先生と生徒、不良とオタク虐めた奴と虐められた奴
肩書きなんか要らない裸の人間でいい太陽の腕の中で

※繰り返し

仲間だから信じるんじゃない信じるから仲間になるんだ

※繰り返し